転職後の話

気が付けば5月下旬、2019年も折り返し地点近づいてますね。

時間が経つのは本当に早い・・・。

転職して9か月。色々なことがありすぎて感覚的には5年位働いた気分です。

 

本日は転職後の話について書きます。

 

目次 

  

1.入社前の説明

入社前は、人事からは、「投資関連の業務をやってもらいます」と言われていました。

 

私も投資・経営周りの仕事がやりたかったので、非常に楽しみしていて、周りの先輩・同期・後輩にも、「次の会社では、海外のスタートアップの投資関連の仕事をやるんだ!」と説明していました。

 

実際の入社後は・・・

 

2.実際の業務内容

入社初日。

 

配属先について人事から説明を受けた。

 

人事「今後事業立上げを経験してもらうから、アントプレナーシップを学んでもらうために、半年前に立ち上げた会社で勉強してもらうことになった。そこで修行した後にどこかの会社へ異動もしくは、新規事業を立ち上げてもらうことになるのでよろしく」

 

自分が希望していた投資関連の仕事じゃないけど、配属された金融子会社が扱っている商品は良い意味でも悪い意味でも世間的にも非常に注目されているものだったので、①創業期の会社経営を学べる、②最先端の商品を学べるという視点から非常に良い経験が出来ると思い、転職して正解だと思った記憶が鮮明にある。

 

ちなみに配属先の立ち上げたばかりの会社では、立ち上げたばかりなので、十分な社内リソースもなかったため、経費精算や社内庶務等は自分のことは自分でやるという環境だったので、前職の投資銀行・銀行とは全く違い、これがベンチャー企業なんだなと実感(100%子会社なので本当のベンチャーではないが)。

 

そんなこんなで、新会社で仕事がスタートし、最初の3日間位は、最先端の仕事をしているな~と思っていたが、

 

色々書類を見たり、周囲の人の様子を見てみると何か違和感が・・・。

 

これ間違ってる?こんな管理方法で良いの?こんなルールで良いのかな?

心配になることが多数あり、悪い予感を感じていたところ、

 

上司より、「社内のリソース不足は十分理解しているが、まだまだ無駄が多いので、少ないリソースでも業務を回せるように、改善提案をして欲しい」と依頼を受け、業務内容知識が浅いレベルで改善策を考えることに

 

業務改善を行う為に、社員の日々の業務作業のチェック、ヒアリング、作成書類のチェック等を二週間程度行っていたところ、杜撰な業務体制・書類管理等を発見してしまい、それを解決するのに約6か月かかりました。

 

そうです。転職して9か月経ちますが、大半の時間を、杜撰な管理を正すことに費やしてきました。

 

金融業界で10年働いた身として杜撰すぎて痺れる局面は何度もありました。

 

6か月後は、海外企業とのJVを設立、新会社の設立等も経験し、非常に良い経験が出来ました!(かなり省略していますが、ここでも事件は勃発)

 

3.退職

・・・が、自分が希望していた投資の仕事をするにはまだ時間がかかる。もしかしたら出来ないかもしれない。

あれ、俺なんで転職したんだっけ・・・笑

杜撰な管理体制を正すためだっけ?

何でもやるつもりで転職したけど、これはヒドイ・・・笑。

IPOも何年後の話だよ・・・笑

そんなことを考えるようになった頃、家庭の事情等も重なり、退職することにしました。

 

そして、4月末から有休を使い、家庭のサポートをしていました。

家庭の問題も無事解決の方向に進みそうなので、以前連絡があったヘッドハンターへ連絡したところ、面白そうな求人があったので応募。そして内定。

 

そうです。新たなチャレンジをすることになりました!

 

続く

アイフォンを無くしました

アイフォンを無くしました笑

そして飲み会でもあり得ない奇行をしていました・・・。

この失敗を忘れないように書きます・・・ 

 

 

 

1.アイフォンを無くすまで

先日、お世話になったヘッドハンターとお祝い会をやっていたところ調子に乗り過ぎて日本酒をがぶ飲みしてしました・・・。

グラスで日本酒を一気飲みしていたこともあり、一気に意識を失っていたようで気づいたら家で寝ていました。

 

次の日の朝、起きてみると・・・

どこだろー携帯・・・。

ポケットかな・・・。無い

布団の中かな・・・。無い

風呂場かな・・・。無い

やば!携帯無い!!

 

クイックペイや銀行口座情報等も入っていたので、かなり焦る・・・

やばい。何も手がつかないぞ・・・。

 

そして何より、昨日飲んでいた記憶が無い。

俺は一体どうやって帰ってきたんだろう・・・

 

あ、昨日一緒に飲んだヘッドハンターに確認しよう!

そして昨日の御礼もこめて電話したところ・・・

 

私:

「昨日はありがとうございました!楽しかったです!そういえば昨日って一次会以降どっか行きましたっけ?」

 

ヘッドハンター:

「ありがとうございましたー。えっ!?昨日、TOOMさん、いきなり消えたじゃないですか?トイレに行っていると思ったら、店の人に帰りましたよって言われました。ラーメン行こうって言っていたので準備していましたが・・・」

 

私:

(そんな記憶1ミリもない・・・。精算した記憶があるがそれ以降の記憶は無いぞ・・・)

「えっ!?マジですか!本当に申し訳ございません。全然覚えてません!!」

 

ヘッドハンター:

「いやいやー、楽しかったですよ!また飲みましょう!ありがとうございました!」

 

完全にやってしまった・・・。30越えた、オッサンが・・・。

本当に申し訳ないし、携帯無いし、気持ち悪い・・・。

ちなみにこの日以降断酒をしている。本日で2日目。

 

2.捜索活動

とりあえず、他に無くしたものはないかと確認したところ、全てあった。

クソ安いイヤホンもしっかりポケットに入っていた。チクショウ。

アイフォンの代わりにこいつがなくなっていれば良かったのに・・・

 

財布はある!タクシーか電車で帰ってきたのだろう

きっとタクシーだ!タクシー会社に連絡しよう。あれレシートがない・・・

電車か・・・。本当に電車か?記憶無いのに。しかも乗り換え難しいぞ・・・

駅まで行ってSuicaの履歴を確認してみると、電車に乗ってるぞ・・・

凄いな・・・。意識はあったのか?謎だ・・・

 

その後、鉄道会社全社、警察に届け出を出しても見つからない・・・

飲み屋のトイレだ!間違いない!!

飲み屋に行ったが、飲み屋はOPENしていない。そりゃあそうだ。朝10時からやっている飲み屋何かあるわけない。

せっかく遠征したので周辺を散策。

そして駅周辺で探すも見つからない・・・。

その後、飲み屋に連絡したが、座席にもトイレもアイフォンは無かった。

 

絶望・・・。俺何やっているんだろう・・・。せっかくの有給・・・。

夕日が綺麗だな・・・。

草むらに落ちてないかなと思い、草むらも物色したり、自販機の下やベンチの下をジロジロ見ていたので、かなり怪しかったと思う。

でもそんなことは全く気にならないぐらい焦っていた。

 

3.結果

2日経ったが見つからない。

LINEにもログイン出来ないし、電話も出来ない。そしてなにより電話がないと携帯電話を探すことすら出来ない。笑

本当に運が悪かったのは、アイフォンを探すをオンにしていなかったことだ。

これは絶対にオンにしておいた方が良い。

 

私は先月新しいアイフォンにしたばかりなので正直まだ諦めることが出来ないので、とりあえずが、SIMカードを再発行して過去の携帯電話を使用することにした。

幸いデータはIcloudでバックアップを取っていたので問題は無かった。

 

私は、先月LINEモバイルに変えたのだが、これがドコモ、KDDIソフトバンクであれば、アイフォンを探すをオンにしていなくも最後どこにあったか確認出来るサービスがあるそうだ。LINEモバイルにはそのようなサービスがなかったことも不運である

 

皆様も無くした時の為に、日頃からクラウド上にデータを保存し、アイフォンを探すをオンにすることをお勧めしたい。

 

これからはお酒に飲まれず、日々謙虚に生きていこうと決意をした。

転職活動について

転職活動について

前回の記事から約2カ月空いてしまいました。

気付いたらGW最終日・・・。予定していた勉強が進んでいない・・・

 

それにしても、この2カ月は本当に色々ありました!

5月中には書きます!

 

本日は初めての転職活動について書きます!

 

目次

 

1.動機

転職活動を始めたきっかけとしては、2019年2月23日の記事

https://toom.hatenadiary.jp/entry/2019/02/23/152225

にも書いた通り、自分の将来がなんとなく予想が出来てしまったこと、商業銀行、投資銀行で学んだことを活かして、新しいことにチャレンジしたいなーと悶々としていたら、新聞に面白そうな求人があったので応募したらご縁があり転職しました。

 

2.転職活動の様子

今改めて振り返ってみると、適当な転職活動だったと思います。

実際に1社しか受けませんでした。正直、今の会社を辞めるということは全く考えていませんでした!

 

でもビズリーチには登録して、求人情報のチェックはしていました。

やはり年収を下げないとなると同業への転職しかなかったので、あまり魅力的には感じなかったので実際の選考には応募していません。

 

そんな中、新聞記事に出ていた業務内容に非常に興味を持ち、エージェントを使わずに、自分で履歴書を手書きで作成し、選考に応募しました。

 

面接は合計3回ありました。

 

1次面接:人事

2次面接:副社長、人事部長

3次面接:社長

 

・・・。東証一部上場企業なのに、副社長、社長が出てくるの?!マジ!?

業界でも発言力のある有名な方なので、話せるだけでも良い勉強になると思い、選考を受けました。

 

実際の面接は、3次の社長面接以外は、志望動機、自己PR、どんな仕事がやりたいのか、という話でオーソドックスな内容でした。

 

3次の社長面接は、人によっては難しい質問があったようですが、私の場合は経済の見通しに関して、自分の考えを聞かれた程度で、あとは握手という感じでした。

 

年収ダウン提示でしたが、それ以上に業務内容が魅力的だったので、私の中では、二次面接以降は完全に転職したい!と強く思っていました。

 

業務内容も魅力的でしたが、経営陣が近い、人事担当者の人柄の良さ、熱意ということも転職を後押ししました。

 

こうして約3週間程度で転職活動を終えました。

 

3.まとめ

 

転職活動をしてみて、社外の自分の評価がわかるので、個人的は良い経験でした。

 

自分という商品を見つめ直す機会にもなりますし、私の場合は社会人10年目だったので、学生時代は部活しかやってきませんでしたが、意外と10年間で成長しているもんだなと実感しました。同時に足りないところも見えました。

 

実際に転職しなくても自分を見つめなおす機会として、転職活動をしてみるのも良い経験だと思います。

 

履歴書作成、面接対策をするのは面倒ですが、それ以上に新しい気づきがあります!

 

あと採用を受けてみて思ったのは、採用担当者は非常に重要だということです。やはり会社のトップが面接に出てくるのは非常に効果があると思います。

 

私もトップと面接をしてみて実際にトップの考えや会社の将来性について直接ヒアリング出来たことが決めてになりました。

 

でも入社してみると、実際に面接で説明があった業務内容とはかけ離れすぎてかなり面をくらいました・・・笑。その話はまた次回に・・・

 

ご精読ありがとうございました!

金融マンにとって役立ちそうな資格

銀行に入行後は、証券外務員や生保、損保、内部管理責任者の資格等、幅広く取得しましたが、実際に社会人10年過ごしてみて、取っておけば転職やキャリアップに役立ちそうなものを紹介します

 

目次

 

 

TOEIC

実際にスコアはあっても喋れるわけではないので、必要性は無いのですが、人事や面接官はこれを目安にするしかないので、あるに越したことはありません。

 

ちなみにメガバンクでは、TOEIC730点以上あって、営業成績がそこそこ良ければ海外に行くことが可能です。

 

公募制度もあるので、上司から承認を取ることが出来れば、行けます。但し国は選ぶことは出来ません。

 

私がいた会社は、TOEIC860以上だと、第二外国語の語学学校に通学することが出来、そこである程度語学を習得することが出来れば、そこの国に行ける可能性が高かったようです。

 

メガバンクはグローバルですが、最近では中々海外に行きたがる銀行員も多くないようなので、行ける可能性は高いです。自分の市場価値を高める為にも、銀行員は絶対に海外に行くべきだと思います。

 

ちなみに前職では、TOEICのスコアがなく海外への希望を出した場合は異動先は中国になるケースが多かったようです。

 

中国は住環境や労働環境はあまり良くないですが、ハードシップが高いので、稼げるということから、給料マインドが高い人には人気でした。独身の人は良くマカオまで遠征して散財していたようです・・・

 

証券アナリスト

実際にアナリストを持っていても、財務分析やバリュエーションが出来るわけではありませんが、名刺にも書けるし、転職時もまあ少しは勉強したのだろうと思われます。

 

前職でもそうでしたが、取得したら取得費用のキャッシュバックが会社からあったこともあり取得しました。

 

これもTOEIC同様に社内人事等で少しは有利に働くと思う為、ないよりかはあった方が良いと思います。

 

ちなみに前職では、資格マニアの先輩がいて、FP1級、証券アナリスト、国際投資アナリスト等の資格を持っている人がいましたが、ど田舎で新規営業をやらされていました・・・。

 

銀行では正直、資格は二の次かと思います。いかに数字をやるか、いかにお客さん、上司に好かれるかが重要です。転職を見据えるのであれば、評価されると思うので、おススメです。

 

中小企業診断士

これは今、私も勉強しています。正直持っていても劇的に役に立つことはあるとは思いませんが、引退後や副業等で役立つと聞きます。

 

また大企業で働いていた経験がある人かつ、中小企業診断士の資格を持っている人は少ないので、ビジネス・診断士両面からアドバイスが出来るということで、引き合いがあるようです。

 

ちなみに診断士の標準的な報酬は1日10万だそうです(難易度にもよりますが)。

 

まとめ

今回書いた資格はあくまで私の経験上、あったら役に立ちそうだなと思ったものですので、他にも役立ちそうなものはあります!

 

でも資格よりも、目の前にある仕事をキッチリこなすことが一番重要なので、まずは仕事に注力すべきだと思います。

 

また30代になると途端に勉強をしなくなるビジネスマンも増えると聞くので、もしそうであれば、今後のキャリアチェンジや社内での出世等も見据えて上記資格取得はいかがでしょうか!人生100年時代なので、出来るだけスキルや資格は習得した方が良いと思います。

 

ご精読ありがとうございました。

年収1,000万円

学生の頃は、年収1,000万円もらえたら贅沢な暮らしが出来るだろうなとおもっていましたが、全然そんなことありませんでした。

 

本日は、年収1,000万円の手取り、生活レベル、職業等について書きます。

 

目次

 

 

 

年収1,000万円の手取り

 

税控除(配偶者控除等)にもよりますが、ざっくりボーナスを加味しないと月々の手取りは60万円~65万円程度です。

 

2017年の調査によると年収1,000万円以上を稼ぐ人の割合が全体の4.5%程度らしいです。日本の人口の222万人だそうです。

 

税控除にもよりますが、ふるさと納税はざっくり20万円位できるイメージです。

 

生活レベル

正直あまり贅沢出来ている実感はありません。

 

支出が増えているかもしれませんが・・・。

 

年収があがるとその分、仕事の責任も増すので、比例してストレスも増すと思います。そのストレスを発散する為に飲みに行ったり、散財してしまうので、結局は生活レベルとしては変わらないのかなと思います。

 

週2~3回飲みに行って、好きなもの買って、食べたいもの食べて、ちょっと貯金出来るかなという感じです。

 

職業

年収1,000円を狙える職業は・・・山ほどあると思います。

 

メガバンクでは、スムーズに出世していれば7年目には1,000万円に到達します。

 

投資銀行だとボーナスが良ければ2~3年目でも1,000万円近く行きます。

 

商社も20代でいきますし、最近ではベンチャーも人材確保の為に、優秀な人材であれば、1,000万円もらえると聞きます。

 

1,000万円到達後の伸び代でいうと、投資銀行、商社があると思います。

 

私の場合は20代で到達しましたが、このまま会社にしがみつくよりも、さらにアップサイドが期待出来そうな会社でチャレンジしたいと思い、リスクはあるものの転職をしました。

 

転職が正しい選択だったかは今後の自分次第です・・・。恐ろしい・・・

 

まとめ

正直、年収1,000万円でも贅沢できません。ここを目標にしてはいけないと思います。投資や副業等、今の世の中、稼ぐ手段は沢山あるので、色々行動することが大切だと思います。

 

今の仕事を続けていても年収アップが期待出来ないなら転職するべきですし、なんらかのアクションを起こさないといつまでたっても幸せになれないと思います。

 

頑張って年収をあげたところで半分は税金で持っていかれるので、サラリーマンで相応の生活をするとなると、年収2,000万円程度は必要になると思います。

 

ちなみに年収2,000万円だと毎月の手取は105万円程度となります。確定申告ラインです。半分税金で持っていかれるので、資産管理会社を作って、不動産投資をしたりする等節税することも豊かな暮らしをする為には必要かと思います。

 

あー早くリタイアしたい・・・

 

ご精読ありがとうございました。

レアジョブ本気塾

転職後の職場では英語をバリバリ使うとの話で、有給期間中は、レアジョブ本気塾を受講していました。本日は、実際に受けた感想について書きます。

 

目次

 

 

レアジョブ本気塾とは

 

レアジョブ本気塾は、2ヶ月間で集中的に英語学習を行う、短期集中型の英語コーチングスクールです。

 

「2ヶ月間で実践的な英会話力を身につける」ということをコンセプトに、経験豊富な専属トレーナーとマンツーマンで英語学習やホームワークを行い、限られた期間の中で効率的に英語を学んでいきます。

 

プログラムで使用するカリキュラムについても、生徒1人1人にヒアリングを行って作成する「完全オリジナルカリキュラム」となっているので、学習量をただ単にこなすのではなく、最適化されたカリキュラムで学習を行うことができます。

 

トレーナーは日本人のトレーナーです。宿題の管理や学習計画の作成等もやってくれます。

 

期間中は、オンラインレッスンを無制限で受けることが出来ます。

 

料金表

項目

ハンズオンコース(2ヶ月)

入会金

54,000円(税込)

受講費

378,000円(税込)

非常に高いです。但し背に腹は代えられないので払いました・・・

 

良かったこと

宿題の量がかなり多いので、英語を勉強する習慣がつきました。

個人により異なるようですが、私の時は以下のような分量でした

 

宿題の分量

オンラインレッスン1日25分×4回

ディクテーション1日4セット

スピーチ作成&暗記(1週間かけて)

オンラインレッスン原稿作成4セット(2日程度)

 

私は有給期間中だったので余裕で出来ましたが、仕事と両立だとかなりきついと思います。

 

ちなみにオンラインレッスンで自己紹介をしまくったおかげで、転職先で初日が英語での自己紹介でしたが、難なく対応出来ました。笑

 

悪かったこと

トレーナーの質が非常に低かったことです。一生懸命頑張っていましたが、間違いが多かったり、レスポンスが遅かったことも非常に残念でした。

 

そもそも英語が得意じゃないということも非常に驚きました。

 

安かろう悪かろうならしょうがないですがね・・・。高いので、もう少しクオリティが高いかと思っていました・・・。

 

オンラインの先生は、優秀な方が多かったので支えになりました・・・。

 

日本人トレーナーは本当に見極めが非常に重要です。

 

個人的には、オンラインは受講しても、レアジョブのこういった類の講座は二度とうけないと思いますし、周りにもあまりお勧めは出来ません。

 

まとめ

有給期間中だったので、宿題は出来ましたが、非常に量が多かったので、仕事と両立するのであればそれなりの覚悟が必要だと思います。

 

私の場合はトレーナーの質が本当に低かったので、毎週詰めていました。アドバイスも思い付きのような感じで、首をかしげることが多く、本当にお金を返して欲しいと思いました。

 

自己学習をした結果、TOEICのスコアアップは出来ましたが、そこまで劇的な向上は見られませんでした。ただ英語には慣れました!

 

公平な視点から見ても、このレベルなら、レアジョブのオンラインレッスンの受講だけで十分かと思います。

 

少なくとも40万円の効果はありません。40万円で海外旅行行った方が良いです!!

もし受講を悩んでいる方がいらっしゃいましたら他の講座をお勧めします!!

 

ご精読ありがとうございました!!

月島の美味しいお店

月島の美味しいお店を紹介します!!

 

目次

  

もんじゃストリート

 

東京でもんじゃ焼きというと月島が有名です。

月島には「もんじゃストリート」という人気のもんじゃ焼き屋通りがあります。

 

 

写真:もんじゃストリート

f:id:TOOM:20190228011731p:plain

 

もんじゃストリートにはたくさん、もんじゃ焼き屋があります。

観光客が多いので、正直、価格設定も強気な店も多いのが印象です。

私が10年、月島でもんじゃを食べた中でおススメのお店を紹介します。

 

おススメの店①

数ある店の中でおススメなのは、「月島小町」という店です。

f:id:TOOM:20190228011807p:plain

 

URL: https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13007567/

 

食べログでも3.54と高得点となっております。

写真の明太子もちチーズもんじゃが、美味しいです!

f:id:TOOM:20190228011829p:plain 

味も美味しいんですが、何よりボリュームが凄いです。かなりコスパ良いです。

 

ちなみに芸能人の写真が店頭に貼ってあるようなお店は、価格も高く量も少ないのであまりおススメ出来ません。

 

ちなみに「月島小町」は、もんじゃストリートの一番端にあり、駅から7分程度歩きますが、味も量も満足出来ると思います!

 

おススメの店②

月島はもんじゃ焼きだけではありません!!

もんじゃ焼き屋以外で何か有名なお店に行きたいときは、「岸田屋」がおすすめです。

 

f:id:TOOM:20190228011859p:plain

URL:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13002239/

食べログ3.93です。説明不要ですね。美味しいです。

 

写真:岸田屋

f:id:TOOM:20190228011935p:plain

歴史を感じさせる外観です。 

煮込みが非常に有名です。美味しんぼにも出ました。

f:id:TOOM:20190228012033p:plain



めちゃめちゃ美味しいですが、めちゃめちゃ並びます。回転同時に行くことをお勧めします。並ぶ価値はあります!!

 

おススメの店③

月島は、ほとんどのお店が22時00分で閉まってしまいます。

二次会、三次会でどこにしよう・・・そんな時は「THE あ・うん 2号店」に行きましょう。

一次会でもおススメです。

f:id:TOOM:20190228012051p:plain
URL:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13036137/

 

食べログ3.09ですが、過小評価されてます。

ここは焼き鳥も大きく、美味しいです。しかも安い。コスパ抜群です。 

f:id:TOOM:20190228012106p:plain

ここは2時までやっているので、遅くまで飲みたいときはおすすめです。地元の人が多いです。

ラーメンがあったり、飲み物も沢山あるので、満足できると思います。店員さんのノリも良く非常に楽しめる店だと思います。

 

最後に

月島はもんじゃ焼きというイメージですが、他にも海鮮居酒屋、焼肉、スペインバル等、とてもおススメ出来る店がたくさんあります。

また次回、ご紹介したいと思います!!

 

ご精読ありがとうございました。